プロテクションフィルム

愛車のボディをしっかりガード

走る事にとって、細かな飛び石や泥はね、無視の飛来衝突などは塗装を痛める原因であり、 車を日常的に使用するには誰もが経験する「細微な事故」であると言えます。 ですが、誰もが経験する細微な事故でありながら、それを決定的に防ぐ方法は 皆無と言っても過言ではありません。例えば、ワックスやコーディングなどは 車体を美しく見せるためのものであり、傷つく事自体を防ぐには向いていません。 また、一部輸入車は新車時から特定箇所に塗装保護用のフィルムが採用されていたり、 海外、特に北米では ノーズブラと呼ばれる布製のカバーなどが発売されていますが、 日本国内ではあまり普及していません。 こうした現状の中で開発・登場したのがXPELペイントプロテクションフィルムです。

XPELペイントプロテクションフィルム

XPEL ペイントプロテクションフィルムとは、 アメリカで開発された耐候性・耐摩耗性に 優れたポリウレタンフィルムで、そのフィルムに透明で耐候性のあるアクリル系の 粘膜剤を塗布したものです。 XPELペンとプロテクションフィルムは0.15mm(150ミクロン)という厚みがあります。 ウィンドウフィルムなどと比較しても分厚いこのフィルムは、高透過高分子ポリウレタン という素材により非常に柔軟性があり、 かつ収縮性に富んでいます。 その特徴を生かして曲面への加工が可能となり、これまで不可能であると思われていた 複雑な形状のバンパーなどの3次元曲面へも、 1枚の大きなシートで貼付けが可能となりました。 さらにその柔軟性は、飛び石などの飛来物からその衝撃を吸収し塗装面を守るという、 もう1つの「不可能」も可能に変えました。

ボディを守る透明の鎧

XPELペイントプロテクションフィルムの最大の目的は塗装面を守ること。 いわば「ボディを守る透明の鎧」であり、その特徴はいくつかあります。

高い耐久性

フィルムは3年という時間が経過しても硬化しにくく、また傷だらけになった場合も張替えが 可能で、 5年が経過してもキレイに剥がすことが可能で、塗装面にも影響ありません。 また、水にも強い素材のため、洗車機にクルマを入れても問題ありません。

高い耐摩耗性

フィルムは柔軟性のある素材で、それによって外的な衝撃を吸収・分散します。 全ての衝撃からボディを守ることは不可能ですが、 一般的な飛び石や指輪や バッグなどの接触からボディを守ります。

高い耐伸縮性

フィルムは伸縮性に富んでおり、「伸びる」「縮む」の2面性を 高いレベルで兼ね揃えています。 そのため小さな面積から大きな面積の施行までカバーします。

無限に広がる施工箇所

XPELペイントプロテクションフィルムはアメリカと直結したデータベースにより、 1500車種以上の車種に対応したプレカットデータを有しており、迅速に幅広い お客様に対応可能です。 さらにデータのない車種や部位においても型紙を作ることで施行は無限に広がります。 車体全体をフィルムで覆うことさえ可能です。